園での出来事 最新記事

■2019年6月7日・14日 参観日

二週に渡り、クラスごとに分かれて参観日を行いました。
普段の保育の様子や体操教室を楽しむ姿を保護者の方々に見てもらったり、一緒に参加してもらったり。
家族の方々にいいところを見せようとはりきっている姿がとっても可愛かったですね。
いつもとは違う雰囲気に緊張気味のお友達、嬉しそうなお友達、涙が出てしまったお友達、それぞれに思い出に残る一日になったのではないでしょうか。
また、アドバンススポーツクラブ代表の藤原先生による講演会もあり、たくさんの保護者の皆様にご参加頂きました。
とても貴重なお話しで勉強になりましたね。
忙しい中、お時間を作って下さいましてありがとうございました。



■2019年6月12日 ケアハウス生目の郷訪問(ゆり)

ゆりぐみ(年長児)のみんなで、保育園バスに乗り「ケアハウス生目の郷」へ行ってきました。
おじいちゃんおばあちゃんの前で歌や踊りを披露したり、一緒にじゃんけんゲームや手遊びなどをしてとても楽しい触れ合いの時間になりました。
こども達の手を握り、「かわいいね〜」と優しく声をかけてくださり遊んでいただきみんな嬉しそうでした。
また、こども達のうたや踊りには目を細めて喜んでおられましたよ。
最後にはアンパンマンとバイキンマンのサプライズ登場もあり、こども達も大喜び、思い出に残るとっても楽しい時間を過ごすことができました。



■2019年6月26日 田植え(ゆり)

保育園運動場の横にあるこどものうえんの田んぼにてゆりぐみ(年長児)さんが田植えを行いました。
雨がぱらつく中での田植えとなりましたが、水着に着替えてやる気満々のこども達。
準備運動のかけ声も元気いっぱいでした。(笑)
田植えの前に田んぼの土を慣らすため、みんなで泥あそびを行いました。
「待ってました!!」とばかりに田んぼの中に入った子ども達。
嬉しそうに田んぼに向かってスライディングするお友達や足元が不安定な中、追いかけっこをするお友達。
ほとんどのお友達が全身泥パックに包まれたように真っ黒になって遊びました。
そんな真っ黒になったお友達同士で、お互いに笑い合ってとっても楽しそうでしたよ。
泥あそびの後は、両手に苗を持ち、おそるおそる土の中へ挿しこみ、上手に植えることができました。
楽しくて貴重な体験となったようです。
これから稲の成長をみんなで見守っていきたいと思います。


>>過去の記事を読む<<

平成30年度
入園のしおりを見る
(PDF形式)